^月島福寿マンション

「おい、ワイ。おい、ワイ」
「ワイ。ワイて何や。誰ぞ、ワイの事を呼ぶ声が聞こえたような」
「おい、ワイ」
「やっぱり呼んでる。けど、はて。ワイの事を『ワイ』と呼ぶのは・・・」
「ワイや」
「ワイって・・・? ぎゃ、誰やお前は」
「ワイや」
「ワイて何や。ワイはワイやのに、何でお前がワイやねん」
「せやからや、ワイはワイから分身した、もう一人のワイやねん」
「確かに、顔立ちやら体型やらはよぉ似たあるがな。ちゅうか、そっくりや」
「当たり前や。ワイはワイやねんから」
「なるほどなぁ。ほな、お前がワイやということは、もしかしてワイはゼットやったんかな」
「何を云うとんねん。お前もワイも、ワイやがな。ワイは二人でワイやねん」
「けど、何でワイが二人になってしもたんやろなぁ」
「例えばやなぁ、Wという文字は、大昔は二つのVがつながってVVやってんで」
「ブイブイ言わせてたんやな」
「それはちょっと意味が違うような・・・」
「せやからワイはワイワイやって言うのんか」
「というか、ワイはワイや」
「やっぱり、よぉ分からん。けど、そう言うたら、文字を重ねるっちゅうのんは、他にもあるなぁ」
「と言いますと」
「SSとかLL」
「それは服のサイズやろ」
「さいずぁんすか」
「お前はトニー谷か」
「よぉ知ってるなぁ。歳がバレるで」
「よぉ知ってるって、当たり前や。ワイはワイやねんから」
「なるほどなぁ」
「おっ、だんだん慣れてきたな。今の状況に順応してきたな」
「ちょっとはな。せやから、ワイはワイでワイはワイやねん」
「二人でワイワイ云うております。チャンチャン」
「って何で終わってまうねんな。しかも、二人やないし。二人やけどワイとワイで一人やねんから」
「うーん、やっぱりよぉ分からんワ」
「分からんけど、こうなってしもたんや。いつかは必ずこうなる運命やってん」
「なるほどなぁ、ワイらはいつか、こうなるディステニィやってんな」
「いきなり何で横文字使うねん。ワイ、分からんがな。ディスティニィって、なん‘ですってぃにぃ’」
「はっはっは。上手んめぇ〜〜〜〜〜、やな」
「めぇ〜〜〜〜〜って何や。羊みたいな声をだしてからに。って、それ、ひょっとして、運命と上手ぇ(うンめぇ)のシャレのつもりか」
「そうそう。よぉ分かってるがな」
「まぁ、ワイらは二人で一人やさかいな。一心同体、ワイとワイでワイやってん。必ずこうなる運命やってんな。今の『めぇ〜』で、よぉ分かったワ」
「と言いますと」
「これは、ひつじぇん(必然)やってん、て」 月島福寿マンション