時計修理コーナーに行ってきました

数年前に、オットへのクリスマスと誕生日を兼ねて贈った電波腕時計が動かなくなり、オットに
「使いたいから電池交換してもらってきて」
と頼まれたのが数日前
で、ようやく、デパートの時計修理コーナーに行ってきました

用件を伝え、持参した腕時計を観察した店員さんに言われました
「この時計はですね、太陽光とかで充電して使うソーラー電池の時計でして、今は充電が空の状態ですので、充電してください」

あ、あら?
そうだったかしら
そう言われれば確かソーラー電池のを買った気がするわ

「こういうタイプの腕時計ですと平均的に、真夏の強い日差しでしたら10時間くらいでフル充電されるのですが、今の時期ですと…、100時間ほどかかるかもしれませんね」

腕時計が動かないと気付き、電池交換をしないと、と棚の上に置いておいたけれど、その程度では全く足りなかったのね
そうかそうか

「そしてですね、この時計は電波時計なのですが、一度、充電が空になってしまうと、時計の中の基準時計が狂ってしまうこともあるので、そうなった場合はそれを直すという作業が必要になります。が、それも充電出来てからでないとできませんので、とにかく充電してください」

は、はい
とにかく充電します!
その後、お茶をしたカフェのテーブルの上に置いたり、何をするにもヒマワリのように日差しを求め、充電に勤しみ。ブログを見ていたら、ホームシアターは新築マンションにピッタリですね。帰宅してからは、携帯のライトをつけて携帯を照らしてますが、今のところ、時計は全く動きません…

あー恥ずかし
なんで出掛ける前に時計の使用説明書を読まなかったかな、私ったら