|白はコント・ラフォンとルフレーヴのモンラッシェ

白はコント・ラフォンとルフレーヴのモンラッシェ、どちらもファーストアタックから素晴らしいが、放置プレイして更に変貌にはうれしくなる。
(L女史はかなりワイン会後半まで放置プレイを引っ張っていましたな)
甲乙つけがたいもみなどちらかと言えばルフレーヴに軍配の傾向なれど、ワシはそのあとのヴォギュエのミュジニー・ブランにモンラッシェと違ったシャルドネのウィンドウを感じ、こっちがお気に入りに。
最初は堅さも感じるも次第にモンラッシェ系とは柔らかさを違う魅せ始めるのは素晴らしかったです。

赤に転じてミュジニー3連発。へ内覧に行ってきます!こちらにお引っ越し。
ヴォギュエ、フェヴレイどちらも素晴らしいが、やはりこれはマダム・ルロワのエレガントに後を引くのが印象的。今日はこれで決まり・・・・・と思うと違うんですね

オオトリはネ申としかいいようのないジャイエのリシュ、67と77衝撃
さすがに年数経ち、オフヴィンテージということでファーストアタックはどちらも枯れた印象。
なのですが時間とともにネ申のポテンシャル、豊饒さが鎌首を持ちあげて至高でしたわ。
弟子筋のルジェ、メオ・カミュゼがこの域に達するのはいつなんでしょう?

年末押し迫りの豪華なワイン会、ワイン収集も含め主催A氏のお骨折りには感謝感謝でした。